池田満寿夫 挫折と栄光


 初めに

 当美術館「屋根裏部屋の美術館」が所蔵する池田満寿夫「屋根裏の散歩者」を紹介する。
 池田満寿夫は絵画、小説、映画、陶芸で多彩な才能を示した。そして、その絵画、小説、映画には、幻覚・幻想が描かれている。


 池田満寿夫

 画家・版画家・彫刻家・陶芸家・作家・映画監督などの従来の芸術の枠にとどまらず多彩に活躍した芸術家。官能的な作風が多く、いずれの分野の作品も現在でも高い評価を得ている。
 旧満州の生まれ、戦後長野県長野市で育つ。長野県長野高等学校卒業。高校在学中に絵画が入選、画家を志し上京。しかし、東京芸術大学の受験に3度失敗し大学進学を断念。路上で似顔絵を送りながら19歳で自由美術家協会展に入選。その後、色彩銅版画の作製に取り組む。1957年に国際版画ビエンナーレ展に入選。1960年に芸術家としての登竜門である文部大臣賞を獲得した。小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を受賞した。(Wikipedia)

 「芸術好きも、女好きも、純真でいて同時に残酷なところ、いまもって子供というよりほかにいいようがない」(富岡多恵子)



 (吉田ルイ子撮影)


 作品「屋根裏の散歩者 No.8」(銅版画、1959年、梅田画廊ラベル、ロイドワークスギャラリー取扱、屋根裏部屋の美術館蔵)



 作品解説

 乱歩の実弟である平井通(真珠社)から、江戸川乱歩著『屋根裏の散歩者』の豆本制作依頼を受けて、出来たのがこの作品「屋根裏の散歩者」である。
 この作品は、第1回東京国際版画ビエンナーレ展に入選後のものであるが、まだ無名時代のものといえるものである。
 
 この作品には、統合失調症(精神分裂病)の患者が感じる幻覚が描かれている。それは、ばらばらになった足であり、骨である。


 陰鬱な青春時代

 高校在学中に絵画が入選、画家を志し上京するが、東京芸術大学の受験に3度失敗し大学進学を断念。その受験生時代、21歳で、自分より10歳も年上の下宿屋の娘大島麗子と結婚する。

 小説「テーブルの下の婚礼」も、池田満寿夫の実体験がもとになっている。そしてそれは、幻想的ともいえるものである。

 主人公の「オレ」は、芸大受験のために高田馬場のデッサン研究所に通っている。貧乏なオレは、白痴の12歳ぐらいのサキと30歳ぐらいのサキコの姉妹と、寝たきりの老いた母が住んでいる家の二階に住むことになる。表情のない白目がちなサキに、「オレ」は恋心を抱くことはないが男の生理としての性欲を持ち、サキのエロティックな夢をみたりサキコの尻を想像しながら自慰をしている。サキも白痴らしい性欲を持っていてテーブルの下で自慰をしているらしい。二人の間に男と女の関係はないのだが、お互いに性欲を誘起される。
 下腹部だけが異様にふくれて胸や手足が痛々しいほど痩せているサキが、なぜか赤いワンピースを着ていて「オレ」を押してくる。ふいに後に倒れてしまい、「オレ」はついワンピースをサキの胸までたくしあげ、小さな臀部を両手で触る。
 でもそれ以上は何もないのだ。階下からサキコがサキを呼ぶ声がするが、耳の聞こえないサキは声を立てずに手足をばたつかせている。「オレ」はズボンの中で射精をし、サキはおしっこをもらしてしまう。「オレ」は、サキが階下に降りていくのを望みサキを裸にして身体を拭いてやる。サキは何の抵抗も示さない。
 サキは拳を開き、百円札や十円銅貨を押しつけるように渡す。これはサキコがサキを使って持たせたものらしい。
 ある日、サキコは、力が入っていない下手な料理とお酒を「オレ」に振る舞う。サキコは「オレ」にそれほど関心を持っているとは思えないが、ついにテーブルの下で性交をしてしまう。サキコの裸はあまりにサキに似ていて「オレ」は失望したが、「オレ」もアポロの裸体からほど遠い。同病相憐れむ性的欲求不満の「オレ」とサキコは、テーブルの下で声を殺して夢中になって性交する。
 隣りの部屋で寝たきりの老いた母が、床を這って部屋の玄関側の戸口から出て行くような気配がする。音がしたような気がして気配に気づくと、サキが見ていた。
 それ以来サキは学校に行きたがらなくなり、母親は急に死んだ。
 陰気なこの家に耐えられなくなり、「オレ」は家を飛び出してしまう。サキコもサキも追って来ない。「オレ」は別なアパートに住み始める。
 だが、「オレ」の足は、再びあのサキコとサキの住む陰気な家に向いてしまう。「オレ」は二人が待っているような気がして二階の部屋に上がる。
 だが二人はもういなかった。

 この小説「テーブルの下の婚礼」に書かれているサキコとサキが、妻大島麗子と妻の妹淳子に対する池田の感情である。
 その下宿時代に感じた「陰気なこの家」とは、陰気な池田が抱いた感情である。
 そして、妻大島麗子と妻の妹淳子は、第三者からみればこのような方ではない。それは、陰気な池田だから持ち得た感情だからである。大島麗子は敬虔なカトリック教徒であり、また、妹淳子は姉思いの人である。
 
 「池田満寿夫が銅版画に取り組んでいる一方で、妻と妻の妹・淳子が池田満寿夫のために北多摩郡小金井町(現・小金井市緑町)に建てたアトリエ付き住宅は、完成に近づいていた。妹は非常に姉思いで、小学校の教師をする有能な働き手であり、建築の計画から月々の支払いまで妹の計らいによるものだった。しかし、これに対して


 作品「何が起こったか」(1962年)



 天才画家池田満寿夫の作品「何が起こったか」には、何が描かれているか凡人の私には分からない。
 もしこれが、幼稚園年少組の壁に飾ってあっても違和感はない。美術評論家は、子供達が描いた絵の中にこの1枚があった場合、これを名画と判断できるのだろうか。 
 そして、この作品が作られた1962年の前後は、各種の賞を受賞し、もっとも評価されていたときである。


 小説「エーゲ海に捧ぐ」

 小説「エーゲ海に捧ぐ」は、池田満寿夫の実体験がもとになっている。そして、その小説には、主人公の危うい精神状態が描かれている。

 「アニタは素裸のまま足の裏を私の方へむけて、あおむけに寝ている。だから彼女の脚の付根の蜜の巣が真正面に眺められる。照明のせいか、その部分が濃い青色に見え、腹部や胸の方がなんとなくぼんやりしている。アニタが私の方を見ているのかどうかもよく解らない。私の視覚はガラス製かもしれない一匹の蝿とアニタの蜜の巣だけしか感光していないようだ。カメラの回転する音も継続しているのか、しばらく前から止ってしまっているのか、よく解らないまま右の耳にあてがっている受話器から聞えてくる妻のトキコの声に私は平衡感覚を犯されている状態でいる」

 この主人公には、離人症という精神疾患にみられる症状がある。


 喜び



 池田満寿夫が、もっとも幸せを感じた時がある。
 それは、若く、美しく、そして才能あふれる世界的ヴァイオリニスト佐藤陽子と愛し合うようななった時である。

 45歳と29歳。お互い、結婚している身でありながら、激しい恋愛関係に落ちた二人。陽子は池田に言った。

 「自分のこれまでの波乱万丈の人生も成功も、すべてあなたに会うためにあったのね。」


 ストレス

 幻覚は脳の障害で起きる。また、脳の障害は遺伝、薬物、事故、病気、およびストレスなどにより起きる。
 ストレスは、遺伝(ストレスを受けやすい体質の遺伝)、幼少期の環境、発症当時の状況などが要因としてあげられる。
 幼少期のストレスとして、一番大きなものは「母親との離別」であるが、池田は母親との関係は良好であった。
 しかし、それ以外の幼少期の環境はけっして良好なものではなかった。

・「池田満寿夫が4歳のころ、一家は長家口へ移住する。日本人数百人のこの小都市で、両親は兵隊相手のカフェを営み、盛時には20人ほどの女性が働いていた。このような家庭環境を子供心にも劣等感を持ってながめていた池田満寿夫は、『七歳位で私は人間の関係の総てのことについて知ってしまったように思えます』と振り返っている。」(「思い出の池田満寿夫−その人間模様と名作をたどって」)
・「父親は、賭博と麻薬に耽り、ほとんど家にいなかった。」(「思い出の池田満寿夫−その人間模様と名作をたどって」)

 また、発症当時の状況として
・高校在学中に絵画の実力が認められたにもかかわらず、東京芸術大学の受験に3度失敗したという挫折感。
・愛していない女性と関係を持ち、結婚してしまったという陰鬱な感情。
・「妻大島麗子と妻の妹淳子により建ててもらったアトリエは、池田自身を束縛するであろうことを予測し、複雑な思いにからずにはいられなかった。」(池田満寿夫/「私の調書」美術出版社)・・・妄想に近いものである。

 非常に大きなストレスとは言えないが、長期にまたがるストレスが続いたようである。


 終わりに

 作品「屋根裏の散歩者」にみられる幻覚を持つものが、小説「エーゲ海に捧ぐ」にある危うい精神状態、小説「テーブルの下の婚礼」にある幻想、そして、支離滅裂な作品「何が起こったのか」を作り出すことが出来る。


 履歴

1934年  旧満州奉天市(現、中国遼寧省瀋陽)に生まれ、終戦によって母と長野市に引き上げるまでの11年間あまり余を満州で過ごす。
1949年 長野県立長野北高等学校(現、長野高等学校)に入学する。高校在学中に絵画が入選。
1952年 画家を志し上京する。
1952-54年 東京芸術大学の受験に3度失敗し大学進学を断念。
1955年 21歳で、下宿屋の娘、自分より10歳も年上の大島麗子と結婚する。靉嘔、真鍋博、堀内康司とグループ「実在者」を結成。
1956年 画家瑛九のすすめで色彩銅版画を始め銅版画を初出版する。
1957年 第1回東京国際版画ビエンナーレ展に入選。
1959年 豆本「屋根裏の散歩者」を作成。
1960年 詩人で小説家となる富岡多恵子と同棲する。第2回東京国際版画ビエンナーレ展で文部大臣賞を受賞。一躍脚光をあびる。
1962年 第3回東京国際版画ビエンナーレ展で東京都知事賞を受賞。
1964年 第4回東京国際版画ビエンナーレ展で国立近代美術館賞を受賞。
1965年 富岡多恵子とニューヨークへ出発。以来1979年まで日米間を行き来する。日本人として初めてニューヨーク近代美術館で個展を開く。
1966年 第33回ヴェネチア・ビエンナーレ展国際版画部門大賞を受賞。版画家としての最高の評価を得る。
1968年 富岡多恵子と別れて、リランと付き合う。
・・・「1975年ころのメゾチントによる作品群は、非常に暗い色彩でコントラストも低く、まったく別の画家に寄るものかと思えるほど作風が異なっている」(富山県立近代美術館学芸員)・・・
1977年 小説「エーゲ海に捧ぐ」で芥川賞を受賞。
1978年 「エーゲ海に捧ぐ」が映画化される。この頃よりリランと別れて、バイオリニスト佐藤陽子と付き合う。
1980年 佐藤陽子と披露宴を開き、以降、池田と夫婦のようになる。
1983年 初めて陶器を製作する。
1997年 死去。


 主な収蔵美術館

池田満寿夫美術館
池田満寿夫・佐藤陽子 創作の家
パラミタミュージアム
京都国立近代美術館


 参考文献

 「思い出の池田満寿夫−その人間模様と名作をたどって」(宮澤壯香・藤巻利英子・滝沢理香・中尾美穂編、池田満寿夫美術館)
 ブログ「marikzio の n'importe quoi !」
 ブログ「直伽の日記/2002年9月」

inserted by FC2 system